家を買うときに必要な自己資金

おうちを買いたい!そう思ったときに、「頭金や自己資金はどのくらい必要なの?」という質問をよく受けます。
家を買いたいけど、自己資金や頭金がないから購入出来ないと言われる方も多いですが、
中古住宅、土地から注文住宅、新築建売住宅で、自己資金の額は変わってきますがちょっとだけ説明します。

【中古住宅・土地購入の場合】

まずは、売主さんと契約する時に、手付金が必要となります。
手付金の額は決まっておらず、極端な話0円でも100万円でも売主と買主が合意すれば契約は可能です。

しかし、一般的には売買代金の1割っていうのが多く、1000万円なら100万円、2000万円なら200万円となります。
最近は、手付金が1割でなくてならないっていう考えも薄れてきたのか、30万円〜100万円が多いでしょうか。
流石に、手付金0円というのはありません。

手付金は住宅ローン実行前の話なので、自分の預金から出す必要があります。住宅ローンが実行されると売買代金全額が振り込まれるため払っていた手付金分が預金口座に帰ってくるという考えです。なので実質的には自己資金なしでも【中古住宅・土地購入】は出来ます。

【建物契約時(請負契約)】

次に建物の契約時はいくら頭金が必要ですか?という質問です。他社様はどうかはわかりませんが、あおぞら不動産の場合は特に頂いておりません。その代わり着工時に住宅ローンから着工金として頂いています。

【新築建売住宅の場合】

新築建売住宅の場合も、中古住宅の購入時と同じで、契約時に30万円〜100万円ほど手付金として頂いております。

どうでしょうか?
文章だと難しく、私の説明下手なところもあるので、もしあおぞら不動産にお願いしたいと考えられている方は、案内時に質問して下さい(^o^)

次回は、住宅ローンでどこまで借りれるの?という質問に対して答えて行きたいと思います。