#2【780万円】あおぞら不動産│古臭い不動産事務所をカフェテイストにリノベ。

  • 物件名 / あおぞら不動産事務所
  • 所在 / 長崎県西彼杵郡時津町
  • 建物種別 / 一戸建て店舗(2F)
  • 対象面積 / 41.86㎡(12.66坪)
  • 築年数 / 30年
  • 費用 / 780万円
  • 工期 / 約1ヶ月

工事内容

  • 玄関ドアの交換
  • 玄関土間のやり替え
  • 店舗内の床をモルタルレトロ仕上げに
  • トイレのやり替え(位置変更)
  • 造作洗面化粧台
  • 収納(可動棚)
  • 照明計画の大幅やり替え
  • 店舗デザインの大幅やり替え

ポイント

今回、弊社あおぞら不動産の古臭い事務所をフルリノベージョンしました。

■前回の記事はこちら


不動産事務所感が半端なかったので、弊社が取り扱っている新築住宅のようなカフェ風の空間を
事務所でもお客様に味わって頂ける
ようなリノベーションを行いました。

また、今まで打ち合わせスペースが1つしかなかったので、2つに増設しました。

ポイントとして…

  • コンクリートや木、アルミなどの素材感を生かしたインテリア
  • 各スペースが間仕切られていながらも広さや繋がりを感じる空間づくり
  • カフェのインテリアをふんだんに取り入れた店舗リノベ

施工画像(BeforeAfter)

画像のバーを左右にタップして移動するとBeforeAfter比較できます。

玄関ドアは全面ガラスに変更し、入りやすいようにしました。

本当は木製の可愛い玄関ドアを考えていたのですが、コストや納期面が厳しかったので
既製品の店舗用の玄関ドアにしました。

単体で見るとデザイン自体はカッコ良いものではないので、ブラック色を選択し

外壁をモルタルに、ポストなどもインダストリアルなタイプにすることで

全体のデザインと相まってカッコ良い玄関になったと思います。

個人的にポスト、表札、玄関照明は縦一列に並べたい派

表札も雰囲気に合わせてステンレス×ブラック

土間は新築と同じように、ホワイトモルタル×100角タイル仕上げ

玄関ドアのガラスにはカフェ感をUPする仕掛け^^!
自分でデザインしてネット注文したのでお安く済みました。

玄関を開けると…そこはもう別世界です。

これが…リノベーションの力か・・・!

きんに君なら、パワーーーーッ!と叫んでいるでしょう。

玄関入って左手すぐには造作の洗面化粧台。
新築のSORAIROに付いてくる造作洗面台と同じタイプです。

木製の収納付きミラーボックス

伸びる混合水栓

そして、玄関入って右手には、トイレがあります。
モールディング塗装仕上げで海外風に可愛らしく仕上げました。

結構奇抜な感じと思いきや、ブルー×ホワイトでカラーはシンプル統一させているので、
そこまでゴチャゴチャした印象にはなりません。

こちらはBeforeAfter画像ではないですが…
造作洗面台の横には、工務店なのでたくさんのカタログを収納するスペースが。

カタログや書類を見せることなくスッキリ収納できるようになりました。

玄関入って、すぐの光景です。
色々変わりすぎて、どこから手を付けていいやらですが…

自邸より好きなテイストになったかもしれません(笑)

やっぱり、全面土間コンクリート仕上げなのが中々ないので良いなぁ。と。

玄関入ってすぐにはお馴染みの「HELLO」を埋め込みました。

ひび割れも味です。鏝の後がたまらなく良いですね。

玄関入って右手にはキッズルームも設けました。
子育て世代の方が多いので、とても有効活用されています。

とりあえずアンパンマンがあれば大丈夫(笑)
任天堂スイッチも完備しているので、帰りたくないお子様が急増しています!

個人的に一番好きなBeforeAfter画像です。
窓の位置が完全一致しているので、BeforeAfter画像としてすご~く分かりやすい!

大きな窓の前には観葉植物を飾りました。
緑はインテリアの質を向上させる上でかなり重要な役割を担っていますね。

太陽光の遮蔽にはカーテンじゃなくて、ウッドブラインドを使用しました。

緑との相性抜群ですね。

ウッドブラインドは光の映り込みがなんとも現像的なので、大好きです。

多くの住宅はカーテンをウッドブラインドか調光ロールスクリーンにするだけでかなりインテリアのレベルが上がると思います。

一つ目の打ち合わせスペース。

モニターで家や間取りをみながら打ち合わせをすることができます。

キッズルームからの長めです。

子供と親御さんが見える位置関係になりますので、打ち合わせも安心して進めることが出来ます。

こちらの打ち合わせスペースは堅苦しいイメージにしたくなかったので、
ソファにしてラフな印象にしました。

透明ガラスで間仕切ることで、空間としては間仕切りながらも、繋がっている。広さ感を感じる仕上がりに。

透明ガラスの横の柱は、普通だったら石膏ボード+クロスで隠すんですけど、
あえて柱をそのまま見せています。

TV面はみんな大好きOSB合板で仕上げています。

ブラックとの相性抜群!!!

個人的に、このダクトレールを天井から垂らす感じ、好きすぎる!!

僕は照明器具が大好きなんですが、ただたんに照らすだけでなく、インテリアとして大きな役割を果たしていると思います!

音楽をゆる~く流してるんですが、ダクトレールから電源を取って、ダクトレールに斜め置き!!!

これも中々気に入っています^^!

さらに奥深くに入っていきたいと思います。

元の事務所はプリンター丸見えでダサかった。住宅でいうと冷蔵庫が見えるより3倍くらいダサい。

てなわけで、ちょっと壁をつくってあげて隠しました。

ちなみに、この机は僕の作業スペースです^^!

ウッドブラインドの印影が最高すぎる。

机はヤフオクで2万円で購入したフルーい机。

2万円あれば新品買えるんですけど、こちらはちゃんとした木製。味が半端ないんじゃ~。

僕の机の裏に第二の打ち合わせスペースが。

どちらかというとクローズドなスペースです。

銀行さんとの打ち合わせなど、少しお堅い打ち合わせに使用しています。

床も天井も壁もモルタル仕上げ。

机もグレーで色合わせ。

無駄に宅地建物取引業者票と建築業の許可票がマッチした(笑)

昔の事務所が懐かしく、少し恋しく感じますね。

というのも、亡き父(会長)とあ~だこ~だとケンカばっかりしてた事務所なので…

あんまり故人のことをペラペラを話すのは好きではないので、よかったらこちらを見てください(笑)

まぁ、あおぞら不動産の再出発としては、このリノベーションで大きな変化を付けることができて、良かったです。

最後に、今気づいたんですが完成予想パースが完全にAfter画像と一致してますね(笑)

もちろん同じになるように作らないといけないわけではありますが、ここまで一致するとなんだか面白いです。

今回のリノベーション施工事例の画像まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA